防カビ・抗菌鋼板

【用途】
レヂノ抗菌・防カビ鋼板の用途としては以下のものがあります。
●食品加工室の内壁材
●プレハブ冷蔵・冷凍庫などの内壁・外壁材
●クリーンルームなどの壁面パネル
●衛生・清潔を必要とする場所の内壁材
●空調ダクトの内壁 

■試験結果  レヂノ抗菌・防カビ鋼板の抗菌性能

供試菌
試験片
生菌数(個/ml)
0時間
24時間
血清型大腸菌
O157:H7
(ベロ毒素非生産生株)
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
1.5×105
3.6×106
80
<10
メチシリン耐性
黄色ブドウ球菌
(MRSA) 
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
3×105
5×106
4×104
<10
黄色ブドウ球菌
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
3×105
7×106
3×104
<10
大腸菌
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
6×106 
9×106
1×105
<10
緑膿金
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
2×105
5×106
4×105
<10
枯草菌
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
5×105
3×106
6×105
<10
サルモネラ
対照菌液
比較板
抗菌剤添加
1.6×105
1.5×106
<10
<10
注)対照菌液:試験片に接種したものと同量 の菌液をシャーレに分注した。
 

■一般塗膜性能 レヂノ抗菌・防カビ鋼板の一般塗膜性能

試験項目
試験方法
レヂノ抗菌
防カビ鋼板
通常の
カラー鋼板
表面光沢
(%)
鉛筆硬度
耐スクラッチ性
耐溶材性
JIS G3312 60°鏡面 反射率
JIS G3312 鉛筆硬度
10円硬貨、荷重1kg
キシロールラビング、荷重1kg 
20±5
3H
4
100<
20±5
3H
4
100<

密着性
耐衝撃性
曲げ1T
2T
碁盤目エリクセン6mm-テープ剥離
デュポン式、1/2インチ、500g、50cm
180°曲げ-テープ剥離
同上
5
5
3
4~5
5
5
3
4~5

密着性
耐衝撃性
曲げ1T
2T
碁盤目エリクセン6mm-テープ剥離
デュポン式、1/2インチ、500g、50cm
180°曲げ-テープ剥離
同上
5
5
2
3~4
5
5
2
3~4
ヒートサイクル性
煮沸試験
耐酸性
耐アルカリ性
耐薬品性
耐紫外線
性耐食性
80℃×2h→10℃×2h10c/s
煮沸水に15分間浸漬
5%酢酸×24時間
10%炭酸ナトリウム×24時間
60%エタノール×24時間
フェードメーター×50時間
塩水噴霧試験×1000時間
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
5
注1)素材0.35mm厚の前処理鋼板 注2)評価:5(優)――1(劣)

■耐汚染性試験 レヂノ抗菌・防カビ鋼板の耐汚染性

試験薬品
濃度
レジノ抗菌・
防カビ鋼板
通常の
カラー鋼板
無機酸
塩酸
5%
5
5
硫酸
5%
5
5
リン酸
5%
5
5
無機水酸化物
水酸化ナトリウム
5%
5
5
アンモニア水
5%
5
5
無機塩類
次亜塩素酸ナトリウム
10%
5
5
炭酸ナトリウム
10%
5
5
その他無機物
過酸化水素水
3%
5
5
有機酸
ギ酸
5%
5
5
酢酸
5%
5
5
乳酸
5%
5
5
シュウ酸
5%
5
5
クエン酸
10%
5
5
アルコール類
メチルアルコール
5
5
エチルアルコール
5
5
調味料
食塩水
10%
5
5
砂糖水
5%
5
5
醤油
原液
5
5
ソース
原液
5
5
原液
5
5
油脂
植物油(大豆油)
原液
5
5
注1) 判定:5(優)――1(劣) 注2)試験方法:20℃×24時間後の外観
 
取り扱い上の注意
レヂノ抗菌・防カビ鋼板は抗菌・防カビ塗装鋼板のため、菌の増殖抑制やカビが発生しにくくなっていますが、洗浄や殺菌などの衛生管理が不十分の場合や使用される環境(高湿度、富栄養など)によってはカビが発生することがありますので、日常の衛生管理や清掃(例:中性洗剤、2%苛性ソーダ水溶液などでの洗浄)は必要です。