食品工場用におけるHACCPとは

Hazard Analysis(危害分析)と、Critical Control Point(重要管理点)の頭文字を取った造語。「原料の購入から製造、流通に至るまでの全過程で、人体に危害を及ぼす可能性の高い要因を事前に調査・分析し、食中毒の発生を防止するために徹底した管理を行うこと」を表します。すでに欧米では、水産品や食肉加工業などの製造工場でHACCPの導入が義務づけられました。日本でもO157事件をきっかけに企業が取り入れ始め、1996年には乳製品や食肉製品など5製品について、厚生省がHACCPを承認しています。
 
「食肉工場は衛生面において安全な製品を製造する場所であり、工場内に食中毒を引き起こす要因があってはならない」。そうした考えの基に、ソーゴでは食品工場を構成するさまざまな設備を、設計から製造・販売・設置・メンテナンスにいたるまで一貫してお客様に提供しております。当社の製品はHACCPシステム導入の際に要求される様々な特注仕様に可能な限り対応し、改めてその品質の高さが証明されています。今後も、皆様のニーズにお応えした高品質の製品開発に取り組み、原料や製品の搬入・搬出、製造、管理工程におけるクリーンな環境をトータルクリエートいたします。
 

●パネル施工例・・・・・・SG FACTIVE PANEL SYSTEM