沿革

昭和43年
●9月/資本金1,500千円にて、東京都北区に機械部品販売の(有)相互通商を設立。
昭和44年
 
 
●3月/新潟市山木戸に本社を移転し、冷凍機工事用部品・資材・機器の販売開始。
●8月/新潟市北山に、冷却器工場を新築、冷却器の製造販売を開始、業務内容の拡充ならびに販路の拡大をはかる。
昭和47年
●6月/新潟市山木戸に本社ならびに本社工場を新築移転。
昭和49年
●9月/(有)相互通商を(株)相互通商に組織変更。
昭和56年
●9月/プレハブ冷凍冷蔵庫の製造販売を開始、自社製品の拡充をはかる。
昭和60年
●9月/新潟市新崎に本社社屋・新崎工場完成。本社及び、冷却器部門を移転。
昭和61年
●8月/新潟市新崎の本社・新崎工場敷地内に第2プレハブ冷蔵庫工場の増築。
平成元年
●4月/一層の飛躍をめざし、CI導入により、(株)相互通 商を(株)ソーゴに社名変更。
平成 2年
●1月/新潟市白勢町の新潟東港工業団地に東港プレハブ冷蔵庫工場(現在:本社工場)を
建設し生産を開始。
平成 5年
●8月/北海道苫小牧市明野軽工業団地に北海道工場を建設し生産を開始。
平成 6年
 
 
●3月/第11回「新潟県経済振興賞」を受賞 - 新潟博覧会記念財団(理事長、県知事)より長年の業績、企画開発力、地域経済への貢献によるため。
●8月/ 岩手県一関市真柴工業団地に東北工場建設し生産を開始。
平成 7年
●11月/三重県津市北神山工業団地に三重工場を建設し生産を開始。
平成 9年
 
●10月/東京支店を業績の伸展により手狭となり東京都北区東十條に用地を取得し新築移転する。 
平成13年
●12月/本社および新崎工場を移転。東港プレハブ冷蔵庫工場と統合し本社工場とした。
平成15年
●1月/広島県三原市久井工業団地に広島工場を建設し生産を開始。
平成19年
●5月/熊本県長洲町名石浜工業団地に九州工場を建設し生産を開始。
平成24年 
●9月/高圧不燃断熱パネルの認定取得及び生産開始。